Seiden セイデンスイッチのご紹介 アッテネータのしくみと使い方 抵抗取り付け方法 抵抗値計算 ご注文要領 HOME
アッテネータ関連製品 : アッテネータ完成品 SATRIアンプ用アッテネータ完成品
オーディオ用ロータリースイッチ : Lパッド型,T型用スイッチ 32NEG 43NEG 45SG 56SG 62/74SG SP切換用SW



セイデン・スクアランモデル
(Seiden Rotary Switch - Squalene Oil Model)
January, 2005

 スイッチの接点部には、潤滑と接触抵抗低減のため特殊オイルが使われています。接点部の性能は、わかりにくいですがスイッチの性能を決める最も重要な部分です。セイデンスイッチにはセイデンオリジナルの特殊オイルが使われており、低接触抵抗と耐久性を保証していますが、スクアランモデルは、この接点部にスクアランオイルを使ったオーディオ用スイッチです。(金入りや銀入りスクアランもありますが、セイデンスイッチの接点、ブラシとも純銀を使っていますので、スイッチを使っているうちに接点からスクアランに銀が溶け込みます。32/43シリーズのスイッチは銀接点の表面にさらに金メッキを施していますので、金がスクアランに溶け込みます。そのため、わざわざ金入りや銀入りスクアランを使う必要がありません。)

 セイデンスイッチは、50,000回の切り換え耐性を持つ信頼性と、心電計に使われるほど微弱な信号を伝達することができる性能を誇っています。この性能を裏付ける接点オイルにはセイデン独自の(秘)オイルが使われています。しかし、最近、音質を最も重視したスイッチが欲しいというリクエストが来るようになりました。

 最近のオーディオの流れとして、スイッチの接点部分にスクアランやそれをベースとした各種オーディオ用接点オイルを使うと明確に音質が向上するという実験があちこちで見られるようになってきました。しかし、スイッチのオイルを替えようとすると、既に塗られているオイルを完全に拭き取らなければなりません。前のオイルが少しでも残っていると混合オイルになってしまい、性能が発揮されません。ところがオイルを完全に拭き取るにはスイッチをバラバラに分解しなければなりません。セイデンのスイッチは非常に精密な構造なため、一度分解して組み立てると位置がずれて滑らかに回転しなくなったり接触不良を起こしたりします。また、簡単に分解できる構造にはなっていないため、分解には手間がかかりますし、動作保証もなくなります。

 このような手間を省き、手軽に良い音のスイッチをお使いいただけるよう、はじめからオーディオ用オイルを塗布したスイッチをご用意致しました。現在お使いの切り換えスイッチやアッテネータ用スイッチを交換して音質向上が図れます。

 スクアランモデルは、標準品に比べ音のヌケが良く、クリアーな音になります。ただ、交換しても必ず大きな効果があるとは保証できません。従いまして、わずかな差であっても改善したい、常時使うスイッチなのだから少しでも良くなるなら使いたいという方にお奨め致します。

 

Seiden セイデンスイッチのご紹介 アッテネータのしくみと使い方 抵抗取り付け方法 抵抗値計算 ご注文要領 HOME
アッテネータ関連製品 : アッテネータ完成品 SATRIアンプ用アッテネータ完成品

オーディオ用ロータリースイッチ : Lパッド型,T型用スイッチ 32NEG 43NEG 45SG 56SG 62/74SG SP切換用SW

セイデン製品正規販売店 : 有限会社タキオン『試聴屋』 TEL03-5296-9265 FAX03-5296-9266
お問い合わせメール :