お客様の試聴記

試聴記投稿要領

SATRI V9.1
 群馬の秋山様

●出川式電源

 東京の日高様
 愛媛の秋山様
 栃木のT.K様(2)
 栃木のT.K様(1)
 Tochey様
 東京の前田様
 埼玉のK.T様
 東京のT.K様

AMP-9010
 D.O様

AT-301

 兵庫の中村様
 仙台のkamisen3様

illusion
 神奈川のS.M様
 茨城のM様
 匿名
 群馬のTom様

illusion EQA-5620
 東京の飯田様
 東京のM・N様

 杉並のS・M様

illusion
AMP-5511Mk2
 大阪のS.Y様
 神奈川の根元様
 静岡の渡辺様

 東京のMCKES様

ESC-1001
 T.T様
 和歌山の松下様


HDA-5210

 滋賀のjoshua様
 横浜の秦様
 茨城のY.O様

 愛媛のS.N様

PRE-7610Mk2
 静岡の高橋様
 moonbear様


AMP-5510Mk2
 フェイ様
 愛知の阿部様
 東京の渡辺様

AMP-5513
 tanbajin様
 大阪の正田様

AMP-5514
 静岡の高橋様
 長野のHIGA様
 神奈川の野口様

AMP-5512
 moonbear様
 ヒロ様
 G44様
 宮城の野
 大阪のE.M
 愛知のT.H
 香川の高木様
 静岡の井上様
 埼玉のK.K様
 岡山の岡田様
 東村山のT.K様
 埼玉のふなっこ様
 愛媛の秋山様
 大阪のD.O様
 大阪の廣田様
 新潟のK.K様
 沖縄の野津様
 埼玉のTochy様
 横浜の岩崎様
 茨城のフェイ様
 岐阜の野村様
 金沢のあうでお様
 京都の山下様
 東京の保岡様
 神奈川の岩橋様

DAC-2000
 群馬の秋山様
 鹿児島の尾上様
 沖縄の野津様
 兵庫の中村様(2)
 兵庫の中村様(1)
 横浜のF・T様

アッテネータ
 沖縄の安次富様
 大阪のK.A様
 沖縄の安次富様
 numaken様
 杉並のS・M様
 Tochey様


SATRI-IC-SP
 WoodWill様


SATRI-IC
 福岡の田中様

テフロンケーブル
 栃木の阿部様
 東京のXinn様
 東京の田中様
 東京のXinn様
 大阪の加藤様
 岡山の新谷様

SBFヒューズ
 名古屋のK.M様
 東京の高橋様
 古郡 隆行様
 Tochey様
 T-MITSU様

●銅足
 杉並のS・M様

SPC-9010
 Tochey様
 埼玉の田中様


金メッキテフロン単線
 熊本の藤本様
 Tochey様


販売終了商品

DSIX1.0
 埼玉のCOOBA様
 Tochey様


PRE-7610
 名古屋の三浦様
 鹿児島のK.I様
 群馬のTom様
 大阪のK.A様
 宮崎の武田様
 京都の山本様
 埼玉の山下様
 愛知の武藤様
 BassMan
 滋賀の太神様
 埼玉の傳楽庵様
 長野の阿部様
 秋田のAK様
 山梨の藤巻様
 青森のウトウ様
 宮崎の武田様
 兵庫のMINNピン様
 沖縄の當間様
 滋賀のごん太様
 栃木のOK様
 横浜のYO様
 愛知のM.I様
 大阪のK.M様
 千葉の杉山様
 山梨のT様
 熊本の福田様V5
 東京のshuk様(2)
 東京のshuk様(1)

SCA-7511
 東京のA.Y様
 岡山のigurin様
 Y.T様
 T.F様
 東京のよしじゅん様
 大阪のrhenin様
 新潟のIwasi様
 北海道のT.M様
 大阪のK.A様
 東京のS様
 兵庫のH.Y様
 新潟のK.K様
 千葉のY.S様
 東京のあきさん
 鎌倉の平野様

AMP-5511
 北海道の兼田様
 東京の林様
 和歌山の猪飼様
 東京の白男川様
 東京のH_K様(4)
 東京のH_K様(3)
 東京のH_K様(2)
 東京のH_K様(1)
 愛媛の秋山様
 東京の小川様
 北海道のY・T様
 東京のK・M様
 神奈川のY様
 神戸の森中様
 神奈川の梅沢様
 東京の保岡様
 千葉の石田様
 東京の飯田様
SCA-7510
 北海道の松下様
 北海道のday様
 埼玉の田中様
 東京のblueblue様(2)
 東京のblueblue様(1)
 東京の川村様(2)
 東京の川村様(1)
EQA-5610
 富山のH・K様
 東京のS・M様
 新潟の永井様
 神奈川の藤井様
PCAアブソーバ

 横浜の菅野様

 
トップページ


テフロンケーブル試聴記
岡山の新谷様より

 お世話になっております。新谷です。

 ご連絡が遅くなって申し訳ありません。テフロンケーブルが届きました。

 早速、通電タイムです。2日間たっぷりと装置類になじませてから昨日聞いてみました。試聴開始は高橋まりこスペシャルライブです。最初に、PTFEテフロン線から聞きました。(冷静だったのは、この結線(決戦?)の時だけでした・・・)。

  うーーん。 
  まいりました。 
  すんごいです。 (*_*) 
  世の中こんなケーブルもあるんですね。
  いや、ケーブルが云々という問題ではないです。

 ボーカルがスックと立ってきます。ぐっと前に出てきて、自分の方を向いて歌っているという感じでしょうか。

 体を掴まれて身動きできない感じです。「くーー」とうなってしまいました。いっきに2時間のコンサートを終え、心地よい疲れ(聞き疲れのではなく、いい緊張感を共有した感じです)を味わいました。まさに、この2時間、私はコンサート会場にいました。

 少し冷静になって、感動の元を見ていこうと思います。
 まず、ワイドレンジです。特に下方向の伸びはすさまじいです。ドラムスの「ズン」の後の「フーン」が見事。この一発で会場の広さを表現してしまいます。高域も正確そのもの。マイクのハウリングもリアル。少ない体験の中ではありますが、最良です(この傾向は藤倉のRG-174自作ケーブルと同じ。ただし、品位はこちらの方が圧倒的に高い)。

 しかし、中域の見事さは表現の仕方がわかりません。ボーカルの息遣いも見えます。 そう、聞こえるではなく「見える」が正解のようです。とにかく、言葉で表現するのは無理です。

 トーレンスとの比較でいえば、トーレンスが、画面の奥で気持ちよく歌っているのに対して、眼前で歌いかけてくれるということになるのでしょうが、
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 この表現よりは、(いささか、官能的表現になりますが)「爽やかな色気のトーレンス」と「胸が張り裂けそうな、刹那さのPTFEテフロン」という言葉が、今の正直な感想です。うーん。両方とも、持ち味があり甲乙つけがたいです。(~_~)

 この後、ETFEテフロンとFEPテフロンも試聴しました。それぞれ、よいケーブルですが、PTFEテフロンとの溝はかなり深いように感じました。(+_+)

 実は、届いた前日に、(1コンセント1本化の)アース工事をやり直したばかりで、プリ、パワーとも別電源、別アースとなりました。これが、なければ、今回の試聴は、もっと違った結果になったかもしれません(実際、アース接地をはずして機器をつなぐと、テフロンケーブルは高域がややうるさく聞こえます。この時は、FEPテフロンが最も好バランスに聞こえました(ついでにいえば、これよりトーレンスの方がバランス良好でした)。

 ちなみに、スピーカケーブルや電源ケーブルも作るぞと心に決めています。

追伸: 山崎様が、このケーブルで電源、アンプ・SPの内部配線、スピーカ
    ケーブルとして、そろえていかれたのは、よくわかりました。
    今回は、「ハマる」というよりは「染まった」という感じです。(^_^;)

    感動の度合いが大きく、だらだらと長文になってしまい申し訳ありま
    せんでした。
    今回の試聴は、自分にとって大きな経験になりました。
    本当に、ありがとうございます。



 閑話休題。 昨日の試聴記の追加です。

 BS(特にハイビジョン)で制作放映されているドラマは、セリフや自然音にも気を遣って撮ったものが多く、よく見ています。これを、今のPTFE組込みシステムで見てみると(聴いてみると)新しい発見があっていいです。役者さんが「画面(2次元)」ではなく「そこにいる(3次元)」ように感じられます。

 幕間のカラスの声(同時録音らしいです)に、村の広がりと澄んだ空気を感じます。これはテレビという狭い箱に閉じ込めるよりは、スクリーンに写してやる方がよいようです。

 私が、PTFEを聴いてうなったのも、どうやら、スクリーンから出てきて欲しい空気感を感じたからのようです。ここが、このケーブルの最大の特徴ですね。

 もう一つご報告を忘れていましたが、今回のアース工事の際に、以前、奨めていただいたコンセント(松下のMN-1318)に変更しました。これも大成功でした。