お客様の試聴記

試聴記投稿要領

SATRI V9.1
 群馬の秋山様

●出川式電源

 東京の日高様
 愛媛の秋山様
 栃木のT.K様(2)
 栃木のT.K様(1)
 Tochey様
 東京の前田様
 埼玉のK.T様
 東京のT.K様

AMP-9010
 D.O様

AT-301

 兵庫の中村様
 仙台のkamisen3様

illusion
 神奈川のS.M様
 茨城のM様
 匿名
 群馬のTom様

illusion EQA-5620
 東京の飯田様
 東京のM・N様

 杉並のS・M様

illusion
AMP-5511Mk2
 大阪のS.Y様
 神奈川の根元様
 静岡の渡辺様

 東京のMCKES様

ESC-1001
 T.T様
 和歌山の松下様


HDA-5210

 滋賀のjoshua様
 横浜の秦様
 茨城のY.O様

 愛媛のS.N様

PRE-7610Mk2
 静岡の高橋様
 moonbear様


AMP-5510Mk2
 フェイ様
 愛知の阿部様
 東京の渡辺様

AMP-5513
 tanbajin様
 大阪の正田様

AMP-5514
 静岡の高橋様
 長野のHIGA様
 神奈川の野口様

AMP-5512
 moonbear様
 ヒロ様
 G44様
 宮城の野
 大阪のE.M
 愛知のT.H
 香川の高木様
 静岡の井上様
 埼玉のK.K様
 岡山の岡田様
 東村山のT.K様
 埼玉のふなっこ様
 愛媛の秋山様
 大阪のD.O様
 大阪の廣田様
 新潟のK.K様
 沖縄の野津様
 埼玉のTochy様
 横浜の岩崎様
 茨城のフェイ様
 岐阜の野村様
 金沢のあうでお様
 京都の山下様
 東京の保岡様
 神奈川の岩橋様

DAC-2000
 群馬の秋山様
 鹿児島の尾上様
 沖縄の野津様
 兵庫の中村様(2)
 兵庫の中村様(1)
 横浜のF・T様

アッテネータ
 沖縄の安次富様
 大阪のK.A様
 沖縄の安次富様
 numaken様
 杉並のS・M様
 Tochey様


SATRI-IC-SP
 WoodWill様


SATRI-IC
 福岡の田中様

テフロンケーブル
 栃木の阿部様
 東京のXinn様
 東京の田中様
 東京のXinn様
 大阪の加藤様
 岡山の新谷様

SBFヒューズ
 名古屋のK.M様
 東京の高橋様
 古郡 隆行様
 Tochey様
 T-MITSU様

●銅足
 杉並のS・M様

SPC-9010
 Tochey様
 埼玉の田中様


金メッキテフロン単線
 熊本の藤本様
 Tochey様


販売終了商品

DSIX1.0
 埼玉のCOOBA様
 Tochey様


PRE-7610
 名古屋の三浦様
 鹿児島のK.I様
 群馬のTom様
 大阪のK.A様
 宮崎の武田様
 京都の山本様
 埼玉の山下様
 愛知の武藤様
 BassMan
 滋賀の太神様
 埼玉の傳楽庵様
 長野の阿部様
 秋田のAK様
 山梨の藤巻様
 青森のウトウ様
 宮崎の武田様
 兵庫のMINNピン様
 沖縄の當間様
 滋賀のごん太様
 栃木のOK様
 横浜のYO様
 愛知のM.I様
 大阪のK.M様
 千葉の杉山様
 山梨のT様
 熊本の福田様V5
 東京のshuk様(2)
 東京のshuk様(1)

SCA-7511
 東京のA.Y様
 岡山のigurin様
 Y.T様
 T.F様
 東京のよしじゅん様
 大阪のrhenin様
 新潟のIwasi様
 北海道のT.M様
 大阪のK.A様
 東京のS様
 兵庫のH.Y様
 新潟のK.K様
 千葉のY.S様
 東京のあきさん
 鎌倉の平野様

AMP-5511
 北海道の兼田様
 東京の林様
 和歌山の猪飼様
 東京の白男川様
 東京のH_K様(4)
 東京のH_K様(3)
 東京のH_K様(2)
 東京のH_K様(1)
 愛媛の秋山様
 東京の小川様
 北海道のY・T様
 東京のK・M様
 神奈川のY様
 神戸の森中様
 神奈川の梅沢様
 東京の保岡様
 千葉の石田様
 東京の飯田様
SCA-7510
 北海道の松下様
 北海道のday様
 埼玉の田中様
 東京のblueblue様(2)
 東京のblueblue様(1)
 東京の川村様(2)
 東京の川村様(1)
EQA-5610
 富山のH・K様
 東京のS・M様
 新潟の永井様
 神奈川の藤井様
PCAアブソーバ

 横浜の菅野様

 
トップページ


出川式電源試聴記


Tochey様より

 トッチーのお昼寝オーディオ

 

試聴屋さんから出川式電源の部品を分けてもらいました。
今まで、ダイオードはFRD、SBDと使ってきました。そのたびに情報量が増えて 「電源系は大切だ」とある意味あたりまえのことを体感してきました。 それにしても、このタイプ(第二世代)ははじめてです。動作の原理も違うようですし、何より(+)、(−)という端子があります。これに、コンデンサを追加しなければなりません。それにお値段も第二世代? 私が普段使用するSBDは20本入りで、100円のものです。1本あたり5円。4本でも20円。それが、これ(A&RラボのBC24A10HVU)は1万円以上します。ちょっとした日帰り旅行 に行けちゃいます。ですから、その差が劇的でなければ意味がありません。少し位音がよくても・・ 500倍の価格差があるんですから・・。(キビシイ!)
もう「出川式電源」を試された方のようすを読むとすごそうです。ぜひ、自分の耳で確かめたい。そういえば、以前出川さんと何度かメール交換をしたことがありました。とても親切に、ダイオードのことを教えていただきました。自分が何か物知りになったような気さえしました。とてもよい印象を与えてくださった方でした。その出川さんの設計したものですから、できるだけ実証されていることに忠実でありたいと思います。また、試聴屋さんも試されて、ノウハウを公開してくださってます。メインとサブのコンデンサー比が3:1がいいんですって!それにコンデンサは同じ物! よーし、ターゲットを私の家のSATRI最長老SCA-7510改プリ化に決定! そして、例の(+)、(−)に接続するコンデンサ(2個分)の調達開始。 でもね〜、田舎で部品はないし通販でコンデンサ2個だけ買うのも引けるし・・。
と財布の中のことを考えていると、パソコンの上にもう一台SCA-7510があるではありませんか。
日頃、ゲームの音やら、ウインドウズの起動やエラー音ばかりを発生させられている、あわれな パソコン用SATRIのSCA-7510であります。(←ケロロ軍曹?)
この、パソコン用のSCA-7510からコンデンサを抜いてしまうことにして・・してしまいました。
哀れ・・こんな状態です。
パソコン用とはいえ、コンデンサ容量が減ってノイズが増えてもいけないです。一応、10000ufあたりをつっこんでやります。全然、オーディオ用ではありませんしたいしたコンデンサではないですが、ないよりはましかと。
そこまでして、ほしかったコンデンサがこれ。2コ、取り出しました。さて、いよいよ優遇されているSCA-7510改プリに、1万円の出川式電源とこの中古コンデンサを ぶち込みます。しかし、「ぶち込む」と威勢のいいことをいってますが、意外とSCA-7510の中は 狭いです。先に改造された方は、電源基盤を横にしてレイアウトを工夫し空間を空けていました。さすがです。私もあのようにしたいのです。
  でも、
1番 ひじょうに無精(めんどくさがり)
2番 ケースが異常に強化してあり簡単に穴があかない
という事情で、穴を開けない方法で行かなければなりません。
こんな感じでサブ基盤を作りました。
かなり、ラフな作りですが、お約束の自己責任ですので・・。
結局、今までのコンデンサ横の空きスペースに、サブ基盤を入れてしまいました。

聞いてみての感想を書く前に、使用機器等を書いておきます。

試聴機器
CDP   ルボックス
プリ    サトリSCA-7510改造プリアンプ化 改造多数 Oguさんに感謝
メイン   AMP-5512改造多数 永井さんに感謝(永井さんのサイン入り←家宝)
スピーカー タンノイの古くて大きい物
試聴CD
レイモン・ルフェーブル オペラ座の怪人(インストルメンタル)
カールベーム・ウイーンフィル 田園・運命 NHKライブ
加羽沢美濃 優しい風
ウィーン八重奏団 モーツァルト ディベルティメント17番  他多数のCD
さて、日帰り旅行の分以上の価値があるか・・ですが。・・・あります。 とても、音が濃くなり、楽器数が増えます。そして力強い。「しつこい音」になったのではないかとも思ったのですが、細かい音が出ており、 音がきつくないんです。フルートやピアノなんかを聞いていると、「こういう音だよなぁ。」と音の震えから感じます。変な言い方ですが、「妙に静か」ですから、余韻がキレイに消えるんでしょうね。聞いてて楽しいです。そして、私の場合はボリュームを上げてしまうのです。でも、寝る前などはかなりボリュームを下げても楽しめます。ボリュームが下がっていても、低音不足をあまり感じません。いいことばかり書きましたが、他のダイオードより悪いところはないか・・といわれるとないです。でもねぇ、値段が高い(出川さん、山崎さん。ごめんなさい。)よね。高々部品一コで1万円! 「3000円〜5000円位ならもう少し気楽に買えるのに」と思いながら、これだけの効果を 聞いてしまうと、次はCDプレーヤーにどう組み込もうかと思案をはじめているところです。(2006.10.08)