お客様の試聴記

試聴記投稿要領

SATRI V9.1
 群馬の秋山様

●出川式電源

 東京の日高様
 愛媛の秋山様
 栃木のT.K様(2)
 栃木のT.K様(1)
 Tochey様
 東京の前田様
 埼玉のK.T様
 東京のT.K様

AMP-9010
 D.O様

AT-301

 兵庫の中村様
 仙台のkamisen3様

illusion
 神奈川のS.M様
 茨城のM様
 匿名
 群馬のTom様

illusion EQA-5620
 東京の飯田様
 東京のM・N様

 杉並のS・M様

illusion
AMP-5511Mk2
 大阪のS.Y様
 神奈川の根元様
 静岡の渡辺様

 東京のMCKES様

ESC-1001
 T.T様
 和歌山の松下様


HDA-5210

 滋賀のjoshua様
 横浜の秦様
 茨城のY.O様

 愛媛のS.N様

PRE-7610Mk2
 静岡の高橋様
 moonbear様


AMP-5510Mk2
 フェイ様
 愛知の阿部様
 東京の渡辺様

AMP-5513
 tanbajin様
 大阪の正田様

AMP-5514
 静岡の高橋様
 長野のHIGA様
 神奈川の野口様

AMP-5512
 moonbear様
 ヒロ様
 G44様
 宮城の野
 大阪のE.M
 愛知のT.H
 香川の高木様
 静岡の井上様
 埼玉のK.K様
 岡山の岡田様
 東村山のT.K様
 埼玉のふなっこ様
 愛媛の秋山様
 大阪のD.O様
 大阪の廣田様
 新潟のK.K様
 沖縄の野津様
 埼玉のTochy様
 横浜の岩崎様
 茨城のフェイ様
 岐阜の野村様
 金沢のあうでお様
 京都の山下様
 東京の保岡様
 神奈川の岩橋様

DAC-2000
 群馬の秋山様
 鹿児島の尾上様
 沖縄の野津様
 兵庫の中村様(2)
 兵庫の中村様(1)
 横浜のF・T様

アッテネータ
 沖縄の安次富様
 大阪のK.A様
 沖縄の安次富様
 numaken様
 杉並のS・M様
 Tochey様


SATRI-IC-SP
 WoodWill様


SATRI-IC
 福岡の田中様

テフロンケーブル
 栃木の阿部様
 東京のXinn様
 東京の田中様
 東京のXinn様
 大阪の加藤様
 岡山の新谷様

SBFヒューズ
 名古屋のK.M様
 東京の高橋様
 古郡 隆行様
 Tochey様
 T-MITSU様

●銅足
 杉並のS・M様

SPC-9010
 Tochey様
 埼玉の田中様


金メッキテフロン単線
 熊本の藤本様
 Tochey様


販売終了商品

DSIX1.0
 埼玉のCOOBA様
 Tochey様


PRE-7610
 名古屋の三浦様
 鹿児島のK.I様
 群馬のTom様
 大阪のK.A様
 宮崎の武田様
 京都の山本様
 埼玉の山下様
 愛知の武藤様
 BassMan
 滋賀の太神様
 埼玉の傳楽庵様
 長野の阿部様
 秋田のAK様
 山梨の藤巻様
 青森のウトウ様
 宮崎の武田様
 兵庫のMINNピン様
 沖縄の當間様
 滋賀のごん太様
 栃木のOK様
 横浜のYO様
 愛知のM.I様
 大阪のK.M様
 千葉の杉山様
 山梨のT様
 熊本の福田様V5
 東京のshuk様(2)
 東京のshuk様(1)

SCA-7511
 東京のA.Y様
 岡山のigurin様
 Y.T様
 T.F様
 東京のよしじゅん様
 大阪のrhenin様
 新潟のIwasi様
 北海道のT.M様
 大阪のK.A様
 東京のS様
 兵庫のH.Y様
 新潟のK.K様
 千葉のY.S様
 東京のあきさん
 鎌倉の平野様

AMP-5511
 北海道の兼田様
 東京の林様
 和歌山の猪飼様
 東京の白男川様
 東京のH_K様(4)
 東京のH_K様(3)
 東京のH_K様(2)
 東京のH_K様(1)
 愛媛の秋山様
 東京の小川様
 北海道のY・T様
 東京のK・M様
 神奈川のY様
 神戸の森中様
 神奈川の梅沢様
 東京の保岡様
 千葉の石田様
 東京の飯田様
SCA-7510
 北海道の松下様
 北海道のday様
 埼玉の田中様
 東京のblueblue様(2)
 東京のblueblue様(1)
 東京の川村様(2)
 東京の川村様(1)
EQA-5610
 富山のH・K様
 東京のS・M様
 新潟の永井様
 神奈川の藤井様
PCAアブソーバ

 横浜の菅野様

 
トップページ


PRE-7610Mk2試聴記(1)

moonbear様より


(クリックで拡大します)

 我が家のシステム構成です。以前、AMP-5512K試聴記を書かせて頂いた時とは変わっています。

パワーアンプ:AMP-5512K
 - SATRI-IC V4.3+V5.1レジン
 - DALE巻線ATTキット
 - SBF-5Asヒューズ交換他
スピーカ:Spendor S3/5se
トランスポート:TL-51X
DAコンバータ:DAC-9710改SATRI I/V自作DAC
 - DAC電源整流ダイオード 30PHA20
 - SATRI-IC用電源整流ダイオード 30PHA20

プリアンプ:PRE-7610MK2(デモ機A)
 - 内部入力抵抗をPCN巻線抵抗に交換
 - SATRI-LINK用出力抵抗をPCNに交換
 - SATRI回路 V4.3+V5.1テフロン+V8+V6.2搭載
 - 銅ねじ、銅足サポート
 - 入力切り換えはセイデン製SW
 - DCサーボOPアンプはBB製OPA-604とOPA-2604
 - アッテネータ AP-23
 - 出川式電源(3:1)仕様

 試聴用にお借りしたPRE-7610MK2はほぼフルオプションの豪華版です。すごいです。

試聴条件

  • スペースの都合によりPRE-7610MK2はAMP-5512Kの上に置きました。いい感じです。
  • AMP-5512KのゲインをMAXにして、PRE-7610MK2側でゲインコントロールしました。アパートなのでボリューム位置は8時〜9時程度です。
  • DAC 〜 PRE-7610MK2間は1.6mm銀メッキテフロン単線による自作ケーブルでSATRI-LINK接続です。
  • PRE-7610MK2 〜 AMP-5512K間は試聴機に添付の金メッキ単線でSATRI-LINK接続です。
  • 普段はDAC 〜 AMP-5512KをSATRI-LINK接続で聴いています。最近ようやくSATRI-LINK化しました。電圧接続に比べて細かな音まで聞えるようになりました。もう電圧接続には戻れないです。

試聴ディスク

(1) Wynton Marsalis : Live at the house of tribes
(2) 小野リサ:Romance Latino Vol.2

 その他ピアノソロ、ジャズ中心にいろいろ

 私の都合により試聴屋さんにわがままを言って、日曜日午前中の時間指定で試聴機を送って頂きました。1週間かけてじっくり試聴してやろうと思っていたのですが、その日のうちにかなりの勢いでいろいろなCDを聴いてしまいました。我が家のシステムで聴いた私が感じた個人的な感想です。

 PRE-7610Mk2を通して出てきた音には正直驚きました。音場が立体的になり、目の前の空間から音が飛び出してくる感じ…。なんとも抽象的な表現ですが、DAC〜AMP-5512直結の時とは明らかに変わりました。AMP-5512直結ではきれいで澄んだ音なのですが、楽器の音像はやや大きく定位感はソフトな感じです。やや雰囲気で聴かせるといった感じでしょうか。それがPRE-7610Mk2プリを通すことで、全体に見通しがよくなり楽器の音がとてもリアルに感じられるようになりました。AMP-5512直結ではスピーカの間に空間が展開するのですが、楽器が演奏されている空間を外から見ている感じで、PRE-7610Mk2を通したときはその空間の中にいる感じとでも表現したら良いのでしょうか。そのためか、ジャズでもボーカルでも聴いていてとても楽しく音楽に安心して浸れる感じです。ついついいろんなCDをとっかえひっかえ、寝るのも忘れてあっという間に数時間が過ぎていました。ただ、ボーカルはリアルなのですがややクールな感じで、良くも悪くもAMP-5512らしさが出るようです。

 お借りした試聴機のPRE-7610Mk2はV6+V8に出川式電源を搭載していたのですが、わが家のAMP-5512はV4.3+V5.1世代なのでそれほど新世代SATRI回路の恩恵を受けられないのではないかと思っていました。ところが実際に聞いてみると、みなさんが試聴記に書かれているような新世代回路による音の変化を体感できました。演奏空間が見えるような感じになったのはおそらく圧倒的に情報量が増えたからなのだと思います。AMP-5512は低域の力感が少し足りない感じでしたが、量が増えた感じではなく音の芯が太くなったようになり、不満を感じなくなりました。おそらく低域の量を増やしただけではバランスが崩れて、あのすっきりした自然な臨場感は出ないと思います。この辺りは出川式電源の効果なのかなと思います。出川式電源の有無で比較していないのではっきりとはわかりませんが、V6+V8との相乗効果で全体が良い方向にうますぎるくらいかみ合っているのだと思います。

 今回、PRE-7610Mk2を試聴させて頂いてもちろんPRE-7610Mk2のクオリティの高さを体験できた訳ですが、AMP-5512のポテンシャルの高さも確認でき、大きな収穫でした。普通の6畳和室でもかなりの再生音を味わえるものだと、またまたSATRIアンプのすごさを感じました。なんだか抽象的な表現が多く、わかりにくくて申し訳ないです。現行システムがそんなに間違った方向ではなかったこと、この先のグレードアップの方向性が見えてきたという点でPRE-7610Mk2のインパクトは非常に大きなものでした。

 このたびはPRE-7610Mk2の自宅試聴をさせていただきありがとうございました。

以上