お客様の試聴記

試聴記投稿要領

SATRI V9.1
 群馬の秋山様

●出川式電源

 東京の日高様
 愛媛の秋山様
 栃木のT.K様(2)
 栃木のT.K様(1)
 Tochey様
 東京の前田様
 埼玉のK.T様
 東京のT.K様

AMP-9010
 D.O様

AT-301

 兵庫の中村様
 仙台のkamisen3様

illusion
 神奈川のS.M様
 茨城のM様
 匿名
 群馬のTom様

illusion EQA-5620
 東京の飯田様
 東京のM・N様

 杉並のS・M様

illusion
AMP-5511Mk2
 大阪のS.Y様
 神奈川の根元様
 静岡の渡辺様

 東京のMCKES様

ESC-1001
 T.T様
 和歌山の松下様


HDA-5210

 滋賀のjoshua様
 横浜の秦様
 茨城のY.O様

 愛媛のS.N様

PRE-7610Mk2
 静岡の高橋様
 moonbear様


AMP-5510Mk2
 フェイ様
 愛知の阿部様
 東京の渡辺様

AMP-5513
 tanbajin様
 大阪の正田様

AMP-5514
 静岡の高橋様
 長野のHIGA様
 神奈川の野口様

AMP-5512
 moonbear様
 ヒロ様
 G44様
 宮城の野
 大阪のE.M
 愛知のT.H
 香川の高木様
 静岡の井上様
 埼玉のK.K様
 岡山の岡田様
 東村山のT.K様
 埼玉のふなっこ様
 愛媛の秋山様
 大阪のD.O様
 大阪の廣田様
 新潟のK.K様
 沖縄の野津様
 埼玉のTochy様
 横浜の岩崎様
 茨城のフェイ様
 岐阜の野村様
 金沢のあうでお様
 京都の山下様
 東京の保岡様
 神奈川の岩橋様

DAC-2000
 群馬の秋山様
 鹿児島の尾上様
 沖縄の野津様
 兵庫の中村様(2)
 兵庫の中村様(1)
 横浜のF・T様

アッテネータ
 沖縄の安次富様
 大阪のK.A様
 沖縄の安次富様
 numaken様
 杉並のS・M様
 Tochey様


SATRI-IC-SP
 WoodWill様


SATRI-IC
 福岡の田中様

テフロンケーブル
 栃木の阿部様
 東京のXinn様
 東京の田中様
 東京のXinn様
 大阪の加藤様
 岡山の新谷様

SBFヒューズ
 名古屋のK.M様
 東京の高橋様
 古郡 隆行様
 Tochey様
 T-MITSU様

●銅足
 杉並のS・M様

SPC-9010
 Tochey様
 埼玉の田中様


金メッキテフロン単線
 熊本の藤本様
 Tochey様


販売終了商品

DSIX1.0
 埼玉のCOOBA様
 Tochey様


PRE-7610
 名古屋の三浦様
 鹿児島のK.I様
 群馬のTom様
 大阪のK.A様
 宮崎の武田様
 京都の山本様
 埼玉の山下様
 愛知の武藤様
 BassMan
 滋賀の太神様
 埼玉の傳楽庵様
 長野の阿部様
 秋田のAK様
 山梨の藤巻様
 青森のウトウ様
 宮崎の武田様
 兵庫のMINNピン様
 沖縄の當間様
 滋賀のごん太様
 栃木のOK様
 横浜のYO様
 愛知のM.I様
 大阪のK.M様
 千葉の杉山様
 山梨のT様
 熊本の福田様V5
 東京のshuk様(2)
 東京のshuk様(1)

SCA-7511
 東京のA.Y様
 岡山のigurin様
 Y.T様
 T.F様
 東京のよしじゅん様
 大阪のrhenin様
 新潟のIwasi様
 北海道のT.M様
 大阪のK.A様
 東京のS様
 兵庫のH.Y様
 新潟のK.K様
 千葉のY.S様
 東京のあきさん
 鎌倉の平野様

AMP-5511
 北海道の兼田様
 東京の林様
 和歌山の猪飼様
 東京の白男川様
 東京のH_K様(4)
 東京のH_K様(3)
 東京のH_K様(2)
 東京のH_K様(1)
 愛媛の秋山様
 東京の小川様
 北海道のY・T様
 東京のK・M様
 神奈川のY様
 神戸の森中様
 神奈川の梅沢様
 東京の保岡様
 千葉の石田様
 東京の飯田様
SCA-7510
 北海道の松下様
 北海道のday様
 埼玉の田中様
 東京のblueblue様(2)
 東京のblueblue様(1)
 東京の川村様(2)
 東京の川村様(1)
EQA-5610
 富山のH・K様
 東京のS・M様
 新潟の永井様
 神奈川の藤井様
PCAアブソーバ

 横浜の菅野様

 
トップページ

デジタル・シグナル・アイソレーション・エキサイター
DSIX1.0
試聴記

即、注文メールを出しました

埼玉のCOOBA様より

 試聴結果のご報告です。まずは、当方の使用機器です。

使用機材

トランスポート
DENON DCD S10V改
(トランスポーターとして使用)
DAC
MODEL 2 真空管
プリアンプ
SV-3改 真空管
アンプ
M-101改 真空管
スピーカー
ミニマ改(ソナスファベール)


 その他インシュレーター、ヒューズ、コード等は全取っ替え済み。

 えー、要は、古かったり、安かったりで、高価なモノはありません(笑)。さて、結論ですが、1時間試聴してたまげたあげく、感動メールを出し、そのちょっと後、即、注文メールを出しました。

それがワタシの結論です(爆)

たかがコードに約6万というのは、実は瞬間、迷ったのですが、こう考えました。つまり、これはもはや接続コードではない。何か一つの独立した、オーディオ・コンポーネントである。……と。音を聴いちゃうと、費用対効果で言っても、正にそうでしょう。

 ここまで、生っぽくなると逆に返って色々、欲が出て、SPはやっぱり、高能率・ハイスピード系かとか、アンプは弄ってるとはいえ、やはり役不足カとか、ウーン 色々と考えてしまう。… 要は、そもそも周辺機器をグレードアップしないと、いかんのではないかいなと。…

 このコードをきっかけにして、 ますます出費がかさむというか、泥沼にはいりそうというか、まー、そんな予感がしてます。

 そう言う意味で、まさに「ヤバい音」というのは間違いないでしょう(大笑)

 だけど源流に金をかけるのは、オーディオの王道、本道ですからね(もう言い訳モードに入ってる。ハハハ。)

 えー、遅くなりました。肝心の音ですが、確かに漢方薬といえばそんな感じもします。凄ーく、良く効く漢方ですか。

とにかく根本的に全体的に情報量が増大

良くなります。

 あまり細かくあーだこーだ書くのもばからしいのですが、試聴屋さん宛の、最初聴いたときの感動インプレッションメールを下記に載せておきます。

マスター様 こんばんわ。
本日届いていました。

 帰宅が遅かったのですが、即、セッティング、アンプもスイッチオンし、取り敢えず音出し。……

いやー、こりゃ 要するに、ハイエンドの音ですね。
バイオリンのCDを何枚か掛けましたが、各ストラッドの音色の違い、空間描写のリアルさ、それと細かい音の出ること、出ること。

あるCDなんぞは、ズうーっと、バイオリニストの気配というか、かすかな声っちゅうか、衣擦れちゅうか、いわゆる演奏雑音が聞こえっぱなしなのに、タマゲマシタ。
エラいリアル。

ボーカルは、またこれが肉声っぽくて、ホントイイですね。ハイファイセットをまずは聴きましたが、山本潤子お姉さまの声が優しくて、若くて(昔は当然若かった 笑)、妙に生っぽくて自然。

イヤー素ん晴らしいです。

いきなりの音だしでコレですから、明日以降が楽しみです。

また、詳細にレポートさせて頂きます。\(^O^)/

 

 ま、こんな感じです。詳細に…と書きながら、いちいちアレコレ書くのもメンドーになってきたので、省略をお許し下さい(爆)。

 しかし、なんですね。SACDなぞ出る時代になって、漸くこういう素晴らしい商品が出るのは、かつてCDが出た頃にアナログの凄い製品が出てきたのを思い出しました。時代は、繰り返すんですかね。

 これを起爆剤に、また、アンプ等々、考えていきたいと思います。
 素晴らしい製品を試聴させて頂き、有り難うございました。

 さて この文章を読んでいるアナタ、今度はアナタの番ですよ。

フーン、ソンなもんかね

と言ってないで、試聴してその実力を自宅で試してみてくださいネ。ではでは。